CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
MOBILE
qrcode
OTHERS

<< #331 本日の谷川岳 | main | #332 マッチ絵の家、cafeへ >>
#331 きょうの発見
今日は、谷川温泉エリアをちょっと引いて撮影してみました。
この場所は「谷川温泉入口」の信号を入って進むと一番最初に谷川連峰マナイタグラの雄大な姿が現れるところです。木製の案内板が目印です。車3台くらいが停車できるスペースの展望台となっています。こうした眺望の良い場所を、谷川温泉では「ビューポイント」として、数箇所定めています。一級河川"谷川”の川の流れと谷川連峰マナイタグラが一望できる場所です。

こちらは、木製の案内板。風情があります。白い花の絵は、カタクリ。谷川に自生しています。右の写真は、道路横の山斜面。まだまだ雪があります。

そう、以前なんだろうと思っていたブロッコリーのような植物。<#121その時の記事へ>あれは、杉の枝に付いていたものと本日判明しました。こちらは、その枝についている様子。とても大きなものでした。でもいったい・・・?
ヒマラヤスギに出来る松ぼっくりの一種かな?、そうヒマラヤ杉は、松科なので、杉なのに松ぼっくりが出来るということも勉強しました。しかし、これは松ぼっくりではないようで。その正体判明までは、まだ時間が掛かりそうです。
| お散歩 | 00:58 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
スギこぶ病ですね。何か別の植物ではないです。
| j310 | 2012/04/03 10:52 AM |
ご連絡くださり誠にありがとうございます。
疑問が解けて、とても嬉しいです!
「スギこぶ病」、杉のコブだったのですね。以前、屋久島を歩いていたときに、色々な表情のある杉と出逢いましたが、確か杉のコブが巨大化して、形作っているようなことを思い出しました。谷川のスギこぶも、大きなものもあり、この先の変化がひとつ楽しみであります。
しかし、霧や湿地帯で放って置いたが故の菌えいに因るという症状らしいので、谷川の森林もちゃんと間伐や手入れをしなければと思う処もあったりします。
この度は、本当に勉強になりました。ありがとうございました。
| LE GOUTEMPS | 2012/04/03 2:32 PM |









トラックバック機能は終了しました。